スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

夜逃げ

2009年11月05日
上のタイトルにある「夜逃げ」という言葉はほとんどの人が聞いたことがあるだろう。
しかし、実際に経験したり身近な人がやったという人はほとんどいないのではないだろうか。
自分もつい最近までは漫画かドラマの中だけの話だとばっかり思っていた。

だがしかし!
つい前日、自分の同じ職場の同い年のやつが夜逃げをした!


ちょっとした詳細を話すと
月曜日に会社に行くと同い年のやつ(以下▲)が来てなく、名札のところに休暇と書いてあった。
最近残業していて忙しいのによく休めるなぁと思いもしたが、
休日と祝日の間だったのでなんとか休みをもらったのだろうと気にもしていなかった・・・

祝日が過ぎ、▲が休んでいたこともすっかり忘れ会社に行き、
朝礼が始まっても▲が来ていないことに気づき仕事が始まってから携帯に電話してみるが
電源を切れているようで繋がらない。
そのことを先輩に話し「もしかしたら病気か何かで倒れてるかも」などと話しているうちに
職場の中にその話が広がり、上司の耳に入り気づいた時には大事になっていた。
会社の寮に暮らしている▲だったので携帯しか連絡手段がなく、
誰かが寮に確認しに行ったらしい。

▲の部屋を確認したら、▲はいなかった・・・
っていうかテレビも冷蔵庫も何もなかった\(^o^)/
まさに蛻の空だったらしい・・・
ここで夜逃げが発覚。

一夜明け、広島にある実家に連絡したら(ちなみに職場は東京)そっちにいることが分かったらしい。

自分が知っているのはここまで
本題はここから

同じ職場のやつが1人いなくなろうが正直いってどうでもいい
ただ、そいつが辞めたせいでそいつの仕事が全部俺に回されたのが最悪('A`)
おかげで休みを削られ毎日残業・・・
おまけに1ヶ月の出張付き\(^o^)/
鬱だろうが何だろうが俺には関係ない、むしろお前のせいで俺が鬱になるわヽ(`Д´)ノ

一瞬でも「自殺とかしてないだろうなぁ」っと心配した自分が馬鹿みたいだ・・・
今後▲を見かけるときが来たら土下座じゃ済まないだろうなぁっと思いつつ
今回の愚痴は終了します。
スポンサーサイト
GvG | Comments(1) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。